収入保障保険と一般の生命保険 比較

一般の単純な掛け捨て生命保険の機能は、死亡時に残された家族等のために一定額のお金を残す為の保険です。一方で収入保障保険は、死亡時に残された家族等に毎月一定額の収入を、死亡した人が生存していた場合に契約年齢に到達するまで保障する保険です。
いずれも死亡保険であり、残された遺族の生活を助ける為に掛ける生命保険で、一般の生命保険は死亡時に一括払い、収入保障保険は月払いといった形態の違いがあります。この生命保険 比較をすると、下記のような事が言えるでしょう。

一般の生命保険は、ライフサイクルに応じて保障額を見直し、掛け金を必要最低限に抑える事が可能ですが、一方で見直す面倒もあります。それに対して収入保障保険は若くして亡くなれば、もらえる総保険金は大きくなり、高齢で亡くなれば総保険金は少なくなり、ライフサイクルの中で最もお金を必要とする子供の教育費がかかる時期などは考慮されていません。

また、残された遺族の生活設計を立てやすくするという視点で生命保険 比較をすると、収入保障保険の方が、非常に分かりやすいとも言えます。さらに、生命保険を見直す上で、大きな要素である子供の教育費に関しては、生計主体者の生死にかかわらず必要なもので、これを学資保険などで手当すれば、収入保障保険の欠点もカバーでき、ある意味合理的とも言えます。

死亡時の保障として、収入保障保険と言う選択肢もある事を知り、収入保障保険と一般の生命保険 比較を十分に行い、自分の考え方に最適な生命保険選択される事をおすすめします。